ブランド古着、高額査定のコツとは?

古着についた意外なガン!こんなことに気をつけて

見た目がよく、新品同様でもあまり高額査定されないタイプの洋服があります。そんな洋服はどんな特徴をもっているでしょうか?調べてみましょう。

実際に見た目がよくても、マイナス評価される洋服があります。古着の査定はとくに厳しいのですが、その理由としては、古着には知らず知らずのうちに日焼けや虫食い、色あせや嫌な臭いなどがつきやすいからです。

保存、保管にも注意が必要

押入れや収納などにずっと置いておくと、防虫剤の臭いや様々な虫食いなどに気付きづらいものです。それによってせっかくのブランド品の価値がなくなってしまうことも多いのです。

せっかくのブランド服ですから、こまめにお手入れをしておいて、いつでも最高値で売れるように工夫してみましょう。

見た目がよくても粗探しされるのが買取査定

どんな業界でもそうですが、中古品の査定というのは案外厳しいものです。業者もそれなりに高く売れるものなら両手を挙げて歓迎しますが、価値のないものには厳しいです。

たとえブランド品でも変な臭いが染み付いていたり、小さくてもシミがある、虫食いの穴があるようでは、お客さんの購買意欲が半減してしまいます。

せっかくのブランド品を二束三文にしないためには、適切な管理が必要なのです。適正な管理をしていれば、いつも洋服は新品同様、綺麗なまま保存できて、いざ売るときになっても高い価格がつくというわけです。何事もメンテナンスは大事なのです。

クリーニングに出せばシワは伸びるかもしれません。しかし一度ついてしまったシミや穴あきはかなりの職人技を持っているところに出さないと修復は難しいですし、それにかかるコストが買取価格より上回ってしまっては全く意味がありません。そうした買取のための努力が必要ないように、普段からしっかりお手入れをしておきましょう。

しっかりメンテナンスを行ってきただけの価値は、しっかりそのブランド品についてくるものです。購入してからが勝負なのです。